クリスマス、年末年始。その先にあったのは・・・金欠。

さて、クリスマスから年末年始と終わったわけですが、
みなさんはどのように過ごしましたでしょうか?

おそらく・・・ほとんどの方との共通事項だと思う(いや、信じたい)のですが、

「お金、めっちゃ使いましたよね?(笑)」

ざっくばらんに言うと、『同意』が欲しいんですよ!こんな状況は、俺だけじゃないはずって安心したいのです(爆)

「クリスマスくらい!」「年末くらい!」「年始くらい!」

と言いながら、何度財布の紐を緩めたことか・・・

怒涛の勢いで浪費浪費の嵐!彼女へのクリスマスプレゼント、ディナーやら友人との飲み会やら、年末年始のご馳走等々。

とまぁ、数日経った今(24日のクリスマスから、10日まで飲みっぱなしでした)、
正月ボケもちょうど良い感じで抜けつつあり、だんだんと冷静になってみると、

「俺は一体、この数日でいくら使ったんだ?」

ちょっと確認する必要があるな・・・と思ったのです。

財布の中身を見て、「まぁこんなもんしょ!」
手持ちのお金ですからね、特に変化は無かったです。

しかしですね、貯金の残高を見て、僕は思わず独り言ちましたよ。
「嘘つけバカ野郎・・・なんだこりゃ」ってね。

2,3回確認しましたが「どうやら間違いなく俺の残高らしい。」
認知するのに時間がかかりました。と、同時に、プルプルしちゃったんですよ。。。

なんとまぁ恐ろしい話!氷山の一角が崩れ落ちていくような像が、僕の頭の中で繰り返し
フィードバックしたわけです。狭ーいATMの中で。おまけになんか寒かったし。

素面時に使った分はなんとなく覚えているのですが、問題は酔っ払っていた時です・・・。

正直ほとんど覚えていないんすけど、なんとなく記憶にあるのが、

・とある割烹料理屋で、元職場の後輩数人に高い日本酒大盤振る舞いしたこと(黒龍最高峰の石田屋)

・友人と飲んだときに、ナンパ勝負とか言って女の子口説いて、そりゃーもう騒いだこと(小奇麗なラブホは間違いなく高かったはずだ。)

上記2件は、間違いなく大ダメージだったはず。というか、彼女にばれたらやべーぞこれ。

と、窮地に立たされた俺は、堪忍して低所得お金借りるサイトでキャッシングをしてみることに。スムーズに運びすぎてちょっと怖い(笑)でも、だいぶ助かった。。

俺みたいに、収入多くなくても意外と借りれるもんなのね。